Tリーグ・チーム岡山、森薗政崇獲得へ「何が何でも獲りたい選手」ドイツで個人最高勝率

2018年2月8日6時0分  スポーツ報知
  • 「チーム岡山」が獲得を目指す森薗政崇

 「Tリーグ」に初年度から参戦する「チーム岡山」が、17年世界選手権男子ダブルス銀メダルの森薗政崇(22)=明大=の獲得に動いていることが7日、分かった。チーム関係者は「何が何でも獲りたい選手。ドイツで昨年も今年も(個人成績が)1番。団体戦で頑張れる選手。ダブルスもできる」と明かした。

 森薗は昨年の世界選手権で大島祐哉(23)=木下グループ=とのコンビで銀メダルに輝き、ワールドツアー・グランドファイナルも制したダブルスの名手。世界ランクは48位だが、昨季はドイツ・ブンデスリーガでリーグの個人最高勝率を記録した。1月の全日本選手権では自身初の4強に入るなど、シングルスの実力も着実に向上。明大では主将を務め、卒業後の進路が注目されていた。

 別の関係者によると、3季連続のブンデス参戦も選択肢にあったが、20年東京五輪を見据えて新たな環境でレベルアップを図りたい気持ちが強く、オファーに前向きな姿勢を示しているという。チーム岡山はジーンズメーカーの「ボブソン」を中心に岡山県内の地元企業などの支援を受け、新たに発足するクラブチーム。現時点で所属選手はいないが、森薗の獲得が決まれば目玉となりそうだ。

球技
注目トピック