山口茜、女子バド世界ランク1位に!日本人初の快挙

2018年4月18日7時0分  スポーツ報知
  • 山口茜

 バドミントン女子シングルスの山口茜(20)=再春館製薬所=が、19日に発表される最新の世界ランキングで戴資穎(台湾)を逆転し、2位から1位に浮上することが17日、分かった。シングルスの日本選手が世界1位になるのは、男女を通じて初めて。

 16年リオデジャネイロ五輪8強の山口は、17年3月に過去最高の2位にランクイン。昨季は11月の中国オープンで優勝し、12月のスーパーシリーズ(SS)ファイナルを初制覇。今季も1月のマレーシア・マスターズで4強、3月のドイツ・オープン優勝、全英オープン準優勝と安定して好成績を残してきた。

 バドミントンのランキングシステムは1992年バルセロナ五輪での正式競技採用に向け、80年代後半に創設された。ダブルスでは女子でリオ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が14年10月に日本勢で初めて世界1位に就いた。

球技
注目トピック