大坂なおみ、世界1位ハレプに完敗も「それほどがっかりはしていない」

2018年5月17日6時20分  スポーツ報知
  • 大坂なおみ(ロイター)

 ◆テニス・イタリア国際 第4日▽女子シングルス2回戦 ハレプ2―0大坂なおみ(16日・ローマ)

 女子シングルス2回戦で、世界ランク21位の大坂なおみ(20)=日清食品=は、世界1位で第1シードのシモナ・ハレプ(26)=ルーマニア=に1―6、0―6のストレートで敗れた。1回戦では元世界1位のアザレンカ(ベラルーシ)を破って勢いをつけていたが、攻守にショット精度を欠いて完敗した。

 大坂は1―0の第1セット第2ゲームで、5度のジュースの末にブレイク失敗。その後はミスも目立ち、世界1位に11ゲーム連取を許してストレート負けした。3月のBNPパリバ・オープン準決勝では初めてハレプを破ってツアー初Vを果たしたが、今回は雪辱を許した形。クレー(赤土)シーズン最高峰の全仏オープン(27日開幕)へ苦い完敗。「世界1位でクレーコートの経験が豊富な相手なので(完敗にも)それほどがっかりはしていない」と話した。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)