山口混合・小野VBC、唯一の男子・安田成希主将が勝利導く…全日本バレー小学生大会

2018年8月9日6時0分  スポーツ報知
  • 2連勝に喜ぶ山口混合・小野VBC

 ◆報知新聞社後援 全日本バレーボール小学生大会 第2日(8日・川崎市とどろきアリーナほか)

 男子、女子、混合の予選リーグ143試合が行われ、山口混合・小野VBCは、チーム唯一の男子で6年生の安田成希主将が力強いアタックやレシーブで女子部員を引っ張り、2連勝と好スタート。9日は予選リーグの2日目が行われ、10日の決勝トーナメントに進出する8チームが決定する。

 男女混合で唯一150センチ超えが不在の小野VBCの主将を務める安田はチーム唯一の男子。過去は女子チームのマネジャーとして全国大会を経験しているが、今大会は選手として待望の全国初出場を果たした。

 アタッカーとして相手ブロックを切り裂くスパイクで2連勝に大きく貢献。「(唯一の男子として)大変なことはないけど、6年は僕一人だけなので声を出さなきゃという責任感があります」と照れ笑いした。149センチと小柄なことに悩むエースは小5からココア入りの牛乳を1日3杯飲むなど努力中。「自信をもってやりたい」と目を輝かせた。

球技
今日のスポーツ報知(東京版)