卓球・丹羽孝希が全日本社会人選手権初V

2018年9月17日20時32分  スポーツ報知
  • 丹羽孝希

 卓球の全日本社会人選手権最終日は17日、徳島・アミノバリューホールで男女シングルスの決勝までが行われ、男子は16年リオ五輪団体銀メダルの丹羽孝希(23)=スヴェンソン=が初優勝を飾った。女子は平侑里香(23)=サンリツ=が制した。

 丹羽は昨年に続いて決勝に進出し、明大で同級生だった町飛鳥(24)=シチズン時計=と対戦。2ゲームを先取されたが、フルゲームの激闘の末、4―3で逆転勝利を収めた。最近の国際大会では苦しい結果が続いていたが、世界ランクで日本勢2番手の11位につける意地を見せた。

 今後は10月19日から張本智和とともに、男子W杯(パリ)に臨む予定。また、同24日開幕のTリーグには琉球アスティーダから参戦する。今回の優勝を受け、琉球の早川周作社長も「優勝おめでとう! 琉球アスティーダをチームのエースとして引っ張ってくれると確信しております」と祝福した。

球技
注目トピック