森薗美咲、日立化成を退社しプロ転向…Tリーグ「TOP名古屋」と契約 

2018年9月30日5時0分  スポーツ報知
  • プロに転向する森薗美咲

 卓球女子で世界選手権2度出場の森薗美咲(26)=日立化成=がプロ転向し、10月開幕のTリーグに「TOP名古屋」から参戦することが29日、分かった。30日付で日本リーグの日立化成を退社。チーム初の所属契約も結ぶ。近日中に正式発表される。TOP名古屋は10月25日に東京・両国国技館で日本生命レッドエルフと女子開幕戦を戦う。

 森薗は青森山田高時代の10年世界ジュニア選手権で石川佳純(25)=全農=らと女子団体を組み、中国の8連覇を阻止しての初優勝に貢献するなど早くから国内外で活躍してきた。世界選手権は09、13年に出場。世界ランク最高は25位で、全日本選手権も14年に混合ダブルス優勝、15年にシングルスで準優勝している。

 若手の台頭などもあり、昨年11月を最後に国際舞台から退いたが、同学年の石川や10代の選手が世界で活躍する姿に刺激を受け「もう一度、世界選手権に出たい」と情熱が再燃。今夏のジャカルタ・アジア大会で約10か月ぶりに国際大会へ復帰を果たした。関係者によれば、同時期に国内外のトップ選手と戦えるTリーグの環境にも魅力を感じるようになったという。

 退路を断って挑戦するため、7年半所属した日立化成からの退社を決意。チームを探す中で、経験と実績のある日本人選手を探していたTOP名古屋と合意に達した。弟・政崇(23)も岡山リベッツ、いとこの美月(22)も木下アビエル神奈川からTリーグに参戦する。“森薗ファミリー”の競演も話題を集めそうだ。

 ◆森薗 美咲(もりぞの・みさき)1992年4月16日、東京都生まれ。26歳。青森山田中、青森山田高から11年4月に日立化成に入社。10年世界ジュニア選手権女子団体優勝、ダブルス準優勝。世界選手権は09、13年に出場。15年全日本選手権準優勝。16年日本リーグ・ビッグトーナメント優勝。右利き。家族は両親と弟。

球技
注目トピック