早大・ブレナン翼、甲子園ボウルで関学大に勝って初優勝導く

2018年12月16日7時0分  スポーツ報知
  • 練習を行う早大・斉川(中)ら選手たち(カメラ・石田 順平)

 16日に行われるアメリカンフットボール全日本大学選手権決勝「三菱電機杯 甲子園ボウル」で関学大(西日本代表)と対戦する早大(東日本代表)が15日、試合会場の甲子園で練習を公開。日本国籍で“逆輸入”WRのブレナン翼(3年)が初優勝に導くことを誓った。

 福岡生まれで小学生時に母と米国へ移住。母が米国人の父と再婚してブレナン姓に。小学校からアメフトを始めたが強豪大学から誘いがなく、日本語を学ぶために早大へ。今季獲得した5TDと509ヤードは、ともに関東学生リーグ最多だ。「セルフィッシュ(自分本位)なプレーは捨てて、勝てるプレーを」と、14―31で敗れた2年前の借りを返す。

球技
注目トピック