早大QB柴崎がぶっちゃけトーク アメフト甲子園ボウル前日練習 

2018年12月16日6時0分  スポーツ報知
  • パスの練習を行う早大・柴崎

 16日のアメリカンフットボール全日本大学選手権決勝「三菱電機杯 甲子園ボウル」で関学大(西日本代表)と対戦する早大(東日本代表)が15日、試合会場の甲子園で練習を公開。5度目の出場で初優勝を狙う早大のエースQB柴崎哲平(3年)が「走らない」宣言をした。

 自らを「日本でも米国でも時代遅れの『パスしか投げないQB』」と評する柴崎は、パスでは、今季の関東学生リーグで1位の11TD、2位の1143ヤードを獲得した。だが、ランは獲得どころか35ヤードもロスしている。「走れるQB」が増えているなかで、古典的なパスQBだ。

 練習後の会見では「リーグ戦を通して一切走らずに明日(甲子園ボウル)走る予定だった。年間スケジュールで走る練習もしていた」と、ラン解禁プランを温めていたことを漏らしたが「もう言います! 走らないです。走れないです。」と関学大にとっては有益になるかもしれない情報をぶっちゃけた。「弱いところ(ラン)で勝負しても勝てない。自信があるところ(パス)でぶつかってやるしかない」と腹をくくった。

 関学大のエースQB奥野耕世(2年)には対抗心をあらわにした。「年下でもあるので負けられない。日本一のQBがいるチームが日本一になれると本気で思っている。試合を勝利に導けるQBとしては、奥野君より自分が優れていると証明したい。QBはパスを投げて勝利に導く。昔の原点であった姿を僕が体現したい」と、強気の言葉を並べた。

球技
注目トピック