【高校ラグビー】大阪桐蔭、“桐蔭ダービー”制し初V!センター高本「最高です」

2019年1月8日6時10分  スポーツ報知
  • 悲願の初優勝を成し遂げNO1ポーズを見せる大阪桐蔭フィフティーン(カメラ・義村 治子)
  • 後半、桐蔭学園・江川(左)に激しくタックルする大阪桐蔭・高本

 ◆第98回全国高校ラグビー ▽決勝 大阪桐蔭26―24桐蔭学園(7日、大阪・花園ラグビー場)

 別法人ながら桐蔭ダービーとなった決勝は、前回準Vの大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)との激戦を26―24で制して悲願の初優勝を果たした。大阪ダービーだった1年前の決勝・東海大仰星戦に出場して悔し涙を流したセンター松山千大主将、高本幹也(ともに3年)、フランカー奥井章仁(2年)が活躍。春夏の甲子園を連覇した野球部との同一年度では初となるアベックVも決めた。

 1年前の悔しさが全て込められたタックルだった。2点差に迫られた試合終了間際、敵陣22メートルライン付近で逆転を狙おうと攻め込む相手に、大阪桐蔭のセンター高本が強烈なタックルを浴びせ、ボールを奪い返した。「ドンピシャで入れるかなと思った。気持ち良かった」。前回大会決勝は、前半を7点リードしながらも逆転負け。最後はSOでプレーした自身のノックオンで試合が終わった。桐蔭学園の希望を打ち消す一撃で初優勝に貢献し「最高です」とはにかんだ。

 前半を終えて5点のビハインドにも動じなかった。後半7分のトライとゴールで逆転に成功。2点差をつけた後半17分には自慢のFWがモールで15メートル押し込んだ。最後にトライを決めたフランカー奥井は「去年悔しい思いをしてきたからこそ、これだけプレーできた」と胸を張った。

 走り負けた前回の経験を糧に、昨夏は走り込みを徹底。学校から練習場までの山道を30分近く走った後に筋力トレーニングを行う日と、当たって走ってを繰り返しコンタクトフィットネスを高める日を交互に取り入れ、60分間走り切る体力を身につけた。主将のセンター松山も「この1年しんどいことをしてきた。最後まで自分たちのプレーができた」とうなずいた。

 大阪桐蔭といえば野球部。そのイメージを少しでも覆したかった。校内の知名度、女子学生からの人気はともに野球部の方が上。野球部とラグビー部は同じクラスの選手も多く仲はいいが、野球部のサイン欲しさに休み時間に廊下に長い列ができる光景を見て「優勝できて羨ましい…」と話す選手もいた。ライバルを刺激に、史上初となる同一年度のアベック優勝をつかんだ。

 大阪勢の優勝は最多記録を更新し21度目。綾部正史監督(43)は「チームが崩れなかった。タフになった」と目を細めた。次の目標を聞かれると「野球部に負けないようにしたい」と冗談めかした。ラグビー界にも「大阪桐蔭」の名を知らしめた。(筒井 琴美)

球技
注目トピック