NZ出身のリーチ、NZ銃乱射事件で母の安全確認も「心配」

2019年3月16日7時10分  スポーツ報知
  • ニュージーランドの銃乱射事件について、取材に応じるラグビー日本代表主将のリーチ・マイケル選手

 NZ出身のリーチ・マイケル主将(30)=東芝=が母アイバさんを案じた。

 事件当時は徒歩10分ほどの場所で仕事をしていたといい、すぐに電話で安全を確認した。「職場に待機で一晩過ごすことになりそうと言っていた。心配」と表情を曇らせた。日本代表候補の特別チーム「ウルフパック」は25日からNZ遠征に出る。試合は事件現場から離れた北島で行うため予定の変更はない見込み。

ラグビー
球技
注目トピック