王者・木村「バチバチの打ち合いがしたい」、五十嵐は返り咲きへ「勝つだけ」

2017年12月30日7時0分  スポーツ報知
  • WBO世界フライ級タイトルマッチに臨む王者・木村(左)と挑戦者・五十嵐

 ◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA・IBF世界ライトフライ級(48・9キロ以下)王座統一戦12回戦 WBA王者・田口良一―IBF王者・ミラン・メリンド  ▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・木村翔―同級1位、元WBC同級王者・五十嵐俊幸 ▽IBF世界ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・京口紘人―同級3位・カルロス・ブイトラゴ(31日、東京・大田区総合体育館)

 早くも勝利を確信しているかのようだった。初防衛戦に挑むWBO世界フライ級王者・木村は、サーファーのようにこんがりと日焼けした顔から、白い歯をのぞかせて笑った。「調子はいい。ほおもこけてないでしょう。減量も順調ですよ」

 趣味の一つが「日焼けサロン」で肌を焼くことだという。「だって白いより黒い方が強く見えるじゃないですか」。ハードな練習の合間を縫って、この半年ほどの間に既に3度、日焼けサロンに通った。「昨日もバッチリ、日サロに行きました」。約1~2時間も“日焼け”のために時間を費やせるのは、調整が順調に進んでいるから。「バチバチの打ち合いがしたい。熱い試合がしたい」と、闘志をみなぎらせた。

 ノリノリなガン黒王者とは対照的に、挑戦者で同級1位、元WBC同級王者・五十嵐は淡々と語った。世界王座戦は、八重樫東(大橋)に敗れて同王座から陥落した2013年4月以来。予備検診を終え、「公式行事を終えると、いよいよだなという感じがする」と、気持ちを高ぶらせた。約4年半ぶりとなる王座返り咲きへ、「勝つだけです」と力強く言い切った。(高橋 宏磁)

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ