亀田興毅氏が現役復帰を宣言、インターネットテレビで明言

2018年1月1日23時3分  スポーツ報知
  • 亀田興毅氏

 プロボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(31)が1日、インターネットテレビ局「AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負」で、現役復帰することを明かした。

 興毅氏は、この日一般人を相手に1000万円を争った弟・大毅氏(28)の試合や、「亀田一家の1日」を振り返り、「みんなすごい戦いをしてくれて、自分も色々思うところがあって、最後やり残したこと、やらなければならない試合があるんじゃないか」と語り、続けて「どういう形になるか分からないが、できるのであればもう1回リングに上がろうと。現役復帰しようと思う」と宣言した。

 「これ以上先は、こうご期待で。最高の1日になりました。これからもさらなる盛り上がりをみせると思うので、ボクシングをよろしくお願いします」とあいさつを締めた。

 興毅氏は03年にプロボクサーとなり、元WBA世界ライトフライ級、元WBC世界フライ級、元WBA世界バンタム級の3階級を制した。15年10月に河野公平に敗れ現役引退した。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)