村田諒太、沖縄で“地獄の合宿”「一日一日を大事にしていきたい」

2018年1月11日7時30分  スポーツ報知
  • 沖縄合宿に出発した(左から)粟生隆寛、村田諒太、尾川堅一

 プロボクシングWBA世界ミドル級王者・村田諒太(31)=帝拳=が10日、同門のIBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(29)、元世界2階級制覇王者・粟生隆寛(33)とともに羽田空港から沖縄合宿に出発した。18日までクロスカントリーコースでの持久走やインターバル走など、長短の距離で下半身をいじめ抜く“地獄の合宿”を予定。だが、年末年始はイベント出演やあいさつ回りなどで、集中して練習する期間が少なかったため「珍しく合宿が楽しみ」と歓迎した。

 合宿中の12日に32歳の誕生日を迎えるが「このメンバーと祝うんか…」と粟生と尾川の顔を見てガックリ。すかさず、粟生から「サプライズ(祝福)するよ!」と予告され、苦笑いだった。初防衛戦については「4月に試合と言われている。現役でいられる時間も長くはない。一日一日を大事にしていきたい」と抱負を語った。(浜田 洋平)

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)