気さくで物腰柔らかい男・山中…担当記者が振り返る

2018年3月2日9時0分  スポーツ報知
  • 引退を表明した山中慎介

 ◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界バンタム級タイトルマッチ ○ルイス・ネリ(2回TKO)山中慎介●(1日、東京・両国国技館)

 元WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35)=帝拳ジム=が、現役引退を表明した。前同級王者ルイス・ネリ(23)=メキシコ=に2回1分3秒でTKO負け。前日計量で大幅超過した相手との体重差や体力のハンデを背負った試合。昨年8月にV13を阻まれ、ドーピングなど悪質な行為を繰り返したネリに雪辱はならなかった。歴代担当記者が山中の足跡を振り返った。

 V11~13戦を取材したが、山中は本当に気さくな印象が強い。「本当に何度も防衛している人か?」と思えるほど物腰の柔らかい人だ。初対面で「この前まで相撲担当記者でした」と緊張ぎみに自己紹介すると、腹の出ている私を見て山中は「相撲を取られていたんですか?」と冗談で和ませてくれた。

 試合前でもピリピリ感は少ない印象がある。11度目の防衛戦だった16年9月のアンセルモ・モレノ(パナマ)との再戦を数日後に控えたときのことだ。取材が一通り終わると、なぜかマイホームの話題で盛り上がった。モレノは1年前に2―1の辛勝だった強敵。しかも減量が佳境に入る時期なのに雑談をする余裕ぶりに驚いたものだ。この強心臓があったからこそ12度の防衛を重ねられたのだろう。

 V12戦前の17年1月、合宿で取材した際には「ボクシングを始めたときは夢中だったが、今は楽しい感覚ではやっていない。家族を持って『仕事』と思うようになった。でも生きがい。世界王者でも守る意識だと精神的につらい。挑戦の連続ですよ」と自らの“ボクシング道”を話してくれた。その挑戦はひとまず終幕を迎える。今度は後進を育てるという“第2の挑戦”に期待したい。(2016~17年担当=三須 慶太)

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)