「主人の努力は何だったんだろう」山中夫人は目を赤く腫らせる

2018年3月2日7時0分  スポーツ報知
  • ファンに手を合わせて謝罪する山中

 ◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界バンタム級タイトルマッチ ○ルイス・ネリ(2回TKO)山中慎介●(1日、東京・両国国技館)

 元WBC世界バンタム級王者・山中慎介(35)=帝拳ジム=が、現役引退を表明した。前同級王者ルイス・ネリ(23)=メキシコ=に2回1分3秒でTKO負け。前日計量で大幅超過した相手との体重差や体力のハンデを背負った試合。昨年8月にV13を阻まれ、ドーピングなど悪質な行為を繰り返したネリに雪辱はならなかった。山中の戦績は27勝(19KO)2敗2分け、ネリは26勝(20KO)となった。

 リングサイドでは山中の試合を沙也乃夫人(34)、長男・豪祐くん(5)、長女・梨理乃ちゃん(3)が見守った。沙也乃夫人は「(体重超過したネリの)試合への挑み方を見ると、主人の努力は何だったんだろう」と目を赤く腫らせた。試合前日には山中と電話で会話したそうで「自分が切り替えるよう努力して、勝つしかないな」と話していたという。夫人は「どういう感情に持っていけばいいのか…」と、やりきれない表情だった。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)