ネリ、未払い分ファイトマネーの支払い凍結…体重超過で重い制裁も

2018年3月3日6時0分  スポーツ報知
  • 1日のWBC世界バンタム級タイトル戦でネリ(左)と打ち合う山中

 悪質行為を繰り返したネリの“やり得”に待ったがかかった。1日のプロボクシングWBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチで、元王者・山中慎介(35)=帝拳=に2回TKO勝ちしたルイス・ネリ(23)=メキシコ=が前日計量で大幅な体重超過した問題で、WBCがファイトマネーの支払いを一部凍結するよう興行主の帝拳ジムに指示した。同ジムの本田明彦会長(70)が2日に明かした。

 ネリに制裁が与えられる可能性が高まった。前王者は、山中との再戦で圧倒的な体重差の有利を持ったまま勝利。前日計量終了の時点ではファイトマネーは勝者に全額支払われる予定だったが、WBCは前払い分を除き、大半が残る未払い分の支払いを止めるよう指示した。

 ネリは前日計量で制限体重の53・5キロを2・3キロも超過。2時間後に行われた2度目も1・3キロ超過で王座を剥奪された。リミット58キロの当日計量は57・5キロとし「体はもう作った。あとは試合を待つだけだ」とチーズケーキを片手に無礼な態度に終始。試合で59・2キロだった山中に対し、ネリは60・1キロと約1キロのアドバンテージを得た。限界まで減量していない分、体力面でも有利となり、両者の動きの差は明白だった。

 昨夏に山中から王座を奪取後はドーピング問題、今回の試合2日前のメキシコ製グラブの拒否など騒動を連発。本田会長は試合後に「ルールで縛らないと反省しない。今回の件でWBC、JBC(日本ボクシングコミッション)も動いてくれると思う」と願っていた。

 近年は世界戦での体重超過が目立つ。JBCの安河内剛事務局長は、王座剥奪が以前より軽いペナルティーと捉えられているとみる。団体も増え、階級を変更すればすぐ世界戦のチャンスが訪れることが、この状況を招いていると指摘。「(各団体と)連絡を取りルール策定を提案していく」と話した。

 本田会長によると、クリーンな印象の強い日本の会場で観客のブーイングが鳴りやまなかったことを、WBC関係者が驚いていたという。引退を決断した山中も「ボクシング界全体で厳しくしてほしい」と思いを伝えていた。山中は一夜明けたこの日、所属ジムに電話で感謝を伝えるなど静養に専念。神の左が正々堂々とした姿勢を貫いたことが、未来につながるかもしれない。(浜田 洋平)

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)