薬物陽性の尾川堅一、王座決定戦が無効試合に…6か月間の出場停止、王座獲得も無効で謝罪

2018年4月19日15時48分  スポーツ報知
  • 尾川堅一

 プロボクシングの帝拳ジムが19日に都内で会見を開き、所属する尾川堅一(30)が判定勝ちした昨年12月のIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦が無効試合とされ、6か月の出場停止処分を受けたことを発表した。

 尾川は昨年12月9日の米ネバダ州ラスベガスでの世界初挑戦で同級王座を獲得したが、試合前のドーピング検査で陽性反応を示したことが今年1月に判明。試合を管理する米ネバダ州コミッションは同試合を無効試合とし、ファイトマネーの20%(約150万円)の罰金を科した。尾川の同級王座獲得も無効となる。世界戦で日本人選手が初めてドーピング違反となった。

 試合4日前の12月5日に宿泊先の自室で検査員、トレーナーの立ち合いの下で尿検査を受け、テストステロンに陽性反応を示した。帝拳ジムは、尾川が試合までの6か月間に摂取した食べ物やサプリメントなどのリストを提出。しかし、当初に陽性反応の原因と見ていた持病のアトピーの塗り薬だという立証はできず、原因物質を明らかにできなかった。

 1年間の出場停止、ファイトマネーの30%の罰金が通例だが、調査に全面的に協力し、試合当日の検査では陰性だったことから処罰が緩和された。この日、会見した尾川は「この度は自分のプロとしての自覚が足りず、ご迷惑をおかけした。裁定結果は重く受け止め、今後はこのようなことのないようにしたい。申し訳ありません」と謝罪した。

 尾川とともに会見に臨んだ帝拳ジム代表・浜田剛史氏(57)も「裁定が出るまで帝拳ジムでたくさんのスタッフが時間をかけて原因究明に努めました。残念な結果となり、関係者の皆様には本当に申し訳ありませんでした」と話した。再発防止に向け、ジム内の全プロ選手、トレーナーに食べ物、風邪薬などをリスト化するように徹底させる。

 尾川は試合日の12月9日から6か月間は米ネバダ州で試合できない。現段階では、日本のリングには上がれるが、日本ボクシングコミッションの安河内事務局長は「再発防止に努めていく」とネバダ州コミッションの通達を受けてから処分を検討する。ドーピング結果が公になった1月中旬から自宅でトレーニングをしていた尾川は「認識の甘さがあったのは事実。反省しなければいけない。周りも含めて許してもらえるなら、もう一度、リングに上がりたい」とした。

ボクシング
注目トピック