短パン姿で調印式の拳四朗、V3ご褒美はブランド高級服

2018年5月24日6時30分  スポーツ報知
  • 調印式を終えポーズをとる(左から)拳四朗、井上尚弥、WBA世界バンタム級王者・マクドネル、拳四朗の挑戦者・ロペス

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 王者・拳四朗―ガニガン・ロペス(25日、東京・大田区総合体育館)

 WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗は、短パン&ジャケットで会見した。

 拳四朗がおしゃれに調印式に臨んだ。2度目の防衛に成功した昨年末は長いストールを首に巻くなど、大相撲の貴乃花親方をまねた服装で登場したが、今回は緑色のジャケットに茶色の短パンで出席し、オーダーメイドの白シャツの片側だけをパンツにイン。こだわりのファッションで「強くなったところを見せたい。KOを狙っていければ、すごく注目も浴びると思う」と胸を高鳴らせた。

 V3達成時の自分へのプレゼントも「服」を考えている。「ルイ・ヴィトンのTシャツかグッチのジャージーみたいなズボンが欲しいです」。お目当てのズボンは、価格が16万円を超える。普段は高価な服は買わないというだけに、大きな励みになりそうだ。

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)