伊藤雅雪、37年ぶり米で世界取りだ「黙らせてやろうかなと思う」

2018年6月19日6時0分  スポーツ報知
  • 世界戦を発表し意気込む伊藤

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBO世界スーパーフェザー級王座決定戦 同級1位・クリストファー・ディアス―同級2位・伊藤雅雪(7月28日、米フロリダ州キシミー、キシミー・シビック・センター)

 WBO世界スーパーフェザー級2位・伊藤雅雪が18日、都内で会見し、7月28日に米フロリダ州で同級1位クリストファー・ディアスとの王座決定戦に臨むと発表した。東京生まれでプロ25戦のうち都内以外での試合経験がなく、初の世界戦で米国デビュー。相手の母国・プエルトリコに近い東海岸だけにアウェーが予想されるが「黙らせてやろうかなと思う。逆に燃えている」と全米生中継の大一番へ強気だった。

 米国はロサンゼルスで15回ほど合宿し慣れた土地。来月から同地で調整し、そのまま現地入りする。「今まで減量は4週間で落としていたけど、6週間くらいで早めに落とす」と日本食も現地で調達予定。無敗を守る強打の相手に「スピードと見切りが僕の持ち味。相手のパンチを外して、当てていく」とイメージした。

 米国で世界王座獲得なら1981年11月の三原正(三迫)以来37年ぶり。「海外でもどこでも戦えるようにしたい」。強い気持ちでジム初の世界王者に輝く。(浜田 洋平)

 ◆伊藤 雅雪(いとう・まさゆき)1991年1月19日、東京・江東区生まれ。27歳。東京・駒大高でバスケットボール部に所属。18歳からボクシングを始め、駒大1年の2009年5月にプロデビュー。12年12月に全日本フェザー級新人王を獲得。15年8月に東洋太平洋スーパーフェザー級王座獲得(3度防衛後に返上)。身長174センチの右ボクサーファイター。家族は妻と娘2人。

ボクシング
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)