山根会長にミヤネ屋が独占密着…28歳差妻から「世界一の男や」に涙、告発者側に法的手段も示唆

2018年8月8日15時27分  スポーツ報知
  • 日本ボクシング連盟の山根明会長

 8日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、日本ボクシング連盟の不正疑惑で、助成金の流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている山根明会長(78)がこの日行った会見直前に密着した映像を公開した。

 番組では大阪市内の会見場に入る直前の山根氏に独占直撃。山根氏は「私は10日ほど前から、この問題が世間に出た時点で、私の嫁に相談をしました」とし、「私自身も78ですから、嫁との年も28歳違います。私自身がボクシング界から辞任をした場合は、嫁にお世話になっていく。その部分で第一に嫁に相談したわけでございます」と説明。

 その上で「会長、あなたは世界一の男やと。だから私はどういうことをしても、あなたが生きてる間、私はどんなことをしても面倒みていくから、男の花道だけ、正々堂々として生きて下さいと言われました」と涙ながらに妻とのやり取りを明かした。

 また、今後については「わかりません。あとの整理もいっぱい残ってますから、今の時点ではボクシングに関しては考えてません」としたが、「選手が大好きです。アマチュアボクシングを最高に愛してますから。ボクシング競技を私は忘れることはできません」と強調。告発者側と戦うか?との問いに「やります、やります。わたしも人間ですから。法律にのっとってやります」と法的手段で対抗する構えを見せた。

ボクシング
注目トピック