山根氏、関西連盟会長辞めない「面白半分に聞くな」否定せず

2018年8月13日6時10分  スポーツ報知
  • 自宅から外出する日本ボクシング連盟前会長・山根明氏

 暴力団との交際問題などで日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任した山根明氏(78)が12日、大阪市内の自宅前で取材に応じた。辞任を「スカッとした!」と語る一方、関西連盟会長は辞めない意思を聞かれると「面白半分に聞くな」と語気を荒らげつつも否定はせず。今後のアマ大会来場についての質問にも無言だった。

 日本連盟大阪事務所の大量の私物が自宅に届けられた。身辺整理中だが、「連盟のため、相談があった場合は(助言を)してあげる」と、相談役的な立場で見守る姿勢を示した。

 8日の辞任会見で同席した弁護士は辞任したが、別の人物を雇った模様。「弁護士に相談しているが、悪いことを言われてもいちいち応対しない」と告発者側に“黙殺”を決め込むつもりだ。

ボクシング
注目トピック