井上拓真、兄・尚弥に続く兄弟世界チャンピオン「同じ舞台に立ててうれしい」

2018年12月30日23時5分  スポーツ報知
  • 井上家の(左から)尚弥、弟・拓真、父の真吾トレーナー

 ◆報知新聞社後援◇プロボクシング▽トリプル世界戦 WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 ○同級5位・井上拓真(12回判定)同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(本名はタサーナ・サラパット)●(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBC世界バンタム級5位・井上拓真(23)=大橋=が、世界初挑戦で暫定王座獲得に成功した。同級2位のペッチ・CPフレッシュマート(25)=タイ=に3―0の判定勝ち。WBA世界同級王者の兄・尚弥(25)=大橋=に続く世界王座獲得で、日本人2組目の兄弟世界王者を達成した。拓真の戦績は13勝(3KO)、ペッチは48勝(33KO)1敗。

 ◆拓真に聞く

―フルラウンドを終えて。

「無事勝ててホッとしている」

―作戦は。

「いつも通り、ポイントを取っていき、しっかりと勝つことでした。1ラウンド目のパンチで相手が効いているのが分かった。チャンスが来たら行かなきゃというのはあったけど、焦って行き過ぎた」

 ―それはなぜ。

 「インパクトある試合をしたいと思っていたし、初めての世界戦だったので気負いすぎて大振りになった。3ラウンド目にバッティングで(鼻上部を強打し)ペースが少し乱れた。中盤以降はポイントの取り方も修正できた。そこも含め、立て直すことができて、いい経験になった」

 ―「インパクトある試合をしたい」という思いは、最近の兄・尚弥選手の試合も影響しているのか。

 「そこは意識しますね。兄弟なんで…。ナオ以上のインパクトを残すのは難しいけど、そこに少しでも近づけたらいいなと」

 ―リング上で、兄と一緒にチャンピオンベルトをかけた気持ちは。

 「小さい頃から一緒にやってきたので、同じ舞台に立てるのは素直にうれしい」

ボクシング
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ