大橋会長「尚弥以上のインパクト」要求を反省

2018年12月31日7時10分  スポーツ報知
  • 暫定王者に輝いた井上拓真

 ◆報知新聞社後援◇プロボクシング▽トリプル世界戦 WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 ○同級5位・井上拓真(12回判定)同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(本名はタサーナ・サラパット)●(30日、東京・大田区総合体育館)

 大橋ジム・大橋秀行会長は28日の会見で「尚弥以上のインパクトを」と要求したことを反省した。

 (拓真が冷静さを失い)「俺が余計なことを言っちゃったね。これが世界戦。バッティングしたら普通はズルズルいくけど、拓真は普通の選手じゃないね。守りがすごくいい。足さばきは尚弥よりいい。世界戦でこの試合ができたのはすごい収穫」

ボクシング
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ