井上拓真、暫定王座獲得に成功 兄・尚弥と国内2組目の兄弟王者

2018年12月31日6時0分  スポーツ報知
  • 判定勝利で暫定王座に就いた井上拓真(中)は兄・尚弥(左)、父の真吾トレーナーに祝福され笑顔

 ◆報知新聞社後援◇プロボクシング▽トリプル世界戦 WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 ○同級5位・井上拓真(12回判定)同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(本名はタサーナ・サラパット)●(30日、東京・大田区総合体育館)

 WBC世界バンタム級5位・井上拓真(23)=大橋=が、世界初挑戦で暫定王座獲得に成功した。同級2位ペッチ・CPフレッシュマート(25)=タイ=に3―0の判定勝ち。WBA世界同級王者の兄・尚弥(25)=大橋=に続き、日本人2組目の兄弟世界王者に就いた。来年は尚弥が「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」で優勝を目指し、日本初の兄弟での4団体統一に挑む。拓真の戦績は13勝(3KO)、ペッチは48勝(33KO)1敗。(観衆3800)

 やっと兄と同じラインに立てた。拓真は憧れ続けたWBCのベルトを抱いた。「無事に勝ててホッとした。小さい頃からナオ(尚弥)と一緒にやってきたので、同じ舞台に立てるのは素直にうれしい」。内容に満足はいかない。でも、何より欲しい結果を手にした。

 「初の世界戦で焦りすぎた」。開始15秒。冷静に相手を見切る普段の姿はなく、拳を振り回した。衝撃的なKO勝ちを続ける兄の印象が頭をよぎった。「それは意識した。兄弟なんで。インパクトある試合をしたいと思った」と底知れない意地が爆発。2回にバッティングで鼻を強打し「ペースを乱した」と空回りしたが、後半は冷静にリズムを取り戻しスピードで翻弄。リーチが11・4センチ長い相手のパンチをかわし、カウンターでポイントを重ねた。

 4歳の時、兄とそろってボクシングを始めた。一番近くにいるライバルは、常に前を突っ走っていた。「ナオは何でもできる。全てを見習いたい。追いつきたい」。必死で食らいついた。14年4月、尚弥が初挑戦で世界王座を奪取。喜びを分かち合ったが「おめでとう」を言えなかった。尚弥は「悔しいとかじゃなくて、照れくさいだけでしょ」と推測した。拓真は「兄弟としてすごいと思うし、嫉妬はない」。胸にあるのは尊敬の念だけだった。

 2年前の11月9日。兄の後を追い、念願の世界初挑戦を発表した。しかし、その日の練習で右拳を負傷。追いつく機会を失った。「今じゃなかったんだよ。いつかチャンスが来るから」。背中をさすってくれたのが「ナオ」だった。世界一強く、世界で一番信頼を置くライバルの言葉。くしくも14年12月に兄が負ったのと同じけがだった。復帰後も縦横無尽に拳を振るって数々の記録を作る姿に、不安なく手術を受けられた。17年8月の復帰戦から再び全勝街道を歩み続けた。

 「人生懸けていけよ」。リングに上がる直前、尚弥から耳打ちされたが「興奮して覚えてない」。控室からの入場中には父・真吾氏から助言を受けたが「何かあったっけ?」と記憶がない。それほどまでに大きな重圧だった。

 尚弥は来年3月のWBSS準決勝と、来秋に見込まれる決勝で勝てば3団体を統一する。拓真は1月19日の正規王座決定戦の勝者と統一戦だ。「この内容じゃナオに並んだと言えない。並べるように精進したい」。もう「モンスターの弟」とは呼ばせない。これからは「王者・井上拓真」としてボクサー人生を歩んでいく。(浜田 洋平)

 ◆兄弟世界王者 世界では過去30組あり、井上兄弟で31組目。国内では亀田興毅、大毅、和毅の3兄弟以来2組目となる。亀田家が初めて同時期に王座を保有したのは2010年2~3月までで、興毅のWBCフライ級と大毅のWBAフライ級。3兄弟では13年9~12月まで、興毅がWBAバンタム、大毅がIBFスーパーフライ級、和毅がWBOバンタム級を保持した。

 ◆兄弟4団体統一 ヘビー級のビタリ&ウラジミールのクリチコ兄弟(ウクライナ)が史上初。兄・ビタリがWBC、弟・ウラジミールが11年にWBA、WBO、IBFの3団体統一王者となり、同時期に同一階級で4団体の王座を保有した。井上兄弟が達成すれば世界で2組目となる。

ボクシング
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ