尾川堅一、1年2か月ぶりの復帰戦で白星「押しつぶされそうなくらい緊張した」

2019年2月3日6時0分  スポーツ報知
  • 10回、アルデア(左)にパンチを浴びせる尾川

 ◆報知新聞社後援 プロボクシング・ダイナミックグローブ ▽10回戦 ○尾川堅一(判定)ロルダン・アルデア●(2日、東京・後楽園ホール)

 前日本スーパーフェザー級王者・尾川堅一(31)=帝拳=が、1年2か月ぶりの復帰戦を白星で飾った。ロルダン・アルデア(24)=フィリピン=に3―0の判定勝ち。2017年12月のIBF世界同級王座決定戦で判定勝ちした後に薬物違反で無効試合となり、1年間の資格停止処分を受けたが、再び世界王座への挑戦が始まった。尾川の戦績は23勝(17KO)1敗1無効試合、アルデアは11勝(6KO)7敗1分け。

 拳から伝わる感触が、尾川に生きがいを与えた。序盤からタイミング良く右ストレートを数発。守備重視の相手に苦戦したが、7回にカウンター気味の右から連打を浴びせた。終始ペースを握った3―0の判定勝ち。「この復帰戦は怖くて…。押しつぶされそうなくらい緊張した」。尾川コールを受けて戦い、リングインタビューで涙を拭った。

 薬物違反の発覚直後は、ボクシングを見るのも嫌になった。6月のジムワーク再開後も、感覚のズレに驚いた。ミットの音、サンドバッグの揺れ方、拳に伝わる衝撃の大きさなど、イメージと実際の動きが合わない。空白の時間を取り戻そうともがくほど、「力んでしまう」と悪循環。復帰が決まっても、KO負けの夢で目が覚めた。そんな暗闇の中でも「ボクシングと向き合った。素直にやりたい思いが強くなった」と原点回帰で乗り越えた。

 ノンタイトル戦では自身最多530枚のチケットを売った。試合直前の花道では、応援に駆けつけた3人の息子にキス。「1年2か月のズレがある。練習と実戦は違う」と完全復活ではないが「31歳で、もう時間も残されていない。これからも頑張ります」と、世界王者を夢見て謙虚に戦い続ける。(浜田 洋平)

ボクシング
注目トピック