3階級王者・田中恒成「忘れられない試合」年間最高試合&技能賞のダブル受賞

2019年2月8日15時25分  スポーツ報知
  • 男子年間最高試合賞(世界戦)と技能賞を受賞した田中恒成

 プロボクシングの2018年年間表彰式が8日、都内で行われ、世界3階級制覇でWBO世界フライ級王者・田中恒成(23)=畑中=が、男子年間最高試合賞(世界戦)と技能賞を初めて受賞した。

 王座を奪取した一戦となったWBO世界フライ級タイトルマッチ(昨年9月24日)では、当時の王者・木村翔(青木)と最後まで激しく打ち合い、2―0の判定勝ちを収めた。「疲れた試合でしたが、忘れられない試合になった。自分がレベルアップできたと思う」と喜びを口にした。

 3月16日に行われる初防衛戦(岐阜市・メモリアルセンター)では、元WBA、IBF世界ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=を挑戦者に迎える。念願だった田口との戦いへ「日本のボクシング界を盛り上げる、いい試合をしたい」と2年連続の年間最高試合賞獲得へ意気込みを示した。

ボクシング
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ