田中恒成、田口良一とのリーチ差9・5センチを警戒 WBO世界フライ級タイトルマッチ予備検診

2019年3月13日16時12分  スポーツ報知
  • 世界戦に向けて予備検診を受けた王者・田中(右)挑戦者・田口

 ◇プロボクシング▽WBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 王者・田中恒成―同級4位・田口良一(16日・岐阜メモリアルセンター

 両選手が13日、それぞれ予備検診に臨み、田中は名古屋市内、田口は都内で受診した。共に異常なし。リーチは挑戦者・田口が172・5センチと、163・0センチの王者・田中を9・5センチも上回った。

 昨年9月に木村翔(青木)から奪ったフライ級王座の初防衛を目指す世界3階級王者の田中は「相手(田口)はジャブがいいし、距離間を警戒する」とリーチ差に留意し、「必ず勝つ」ときっぱり。元WBA&IBFライトフライ級(48・9キロ以下)王者の田口は「あとは当日、思いっ切り爆発させたい。本当に強い相手だけど、この選手に勝てれば本物のチャンピオン」と2階級制覇へ意気込んだ。通算成績は田中が12勝(7KO)、田口が27勝(12KO)3敗2分け。

 当日のテレビ中継は午後4時からTBS系列で全国生放送。副音声ではタレントのみやぞん(33)らがゲスト出演する。

ボクシング
注目トピック