Facebook
Twitter

39歳パッキャオ、10度目王座奪取で引退説を一蹴!再起戦制す 

マティセ(左)を破って王座を獲得したパッキャオ(ロイター)

7月16日 06:00

◆WBA世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦 ○マニー・パッキャオ(7回2分43秒 TKO)ルーカス・マティセ●(15日、マレーシア・クアラルンプール)

 WBA世界ウエルター級タイトルマッチが15日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、主要4団体で6階級制覇したマニー・パッキャオ(39)=フィリピン=が、1年ぶりの再起戦を制した。王者ルーカス・マティセ(35)=アルゼンチン=に7回2分43秒TKO勝ちで通算10度目の世界王座獲得。負ければ引退の可能性もあった試合で復活を印象づけた。パッキャオの戦績は60勝(39KO)7敗2分け、マティセは39勝(36KO)5敗1無効試合。  続きを読む…

ボクシング
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ