•  スポーツ報知のWebサイト限定コラムがスタートしました。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

ハリウッド珠理奈のAKBトップ当選で待望されるプロレス総選挙の改選…金曜8時のプロレスコラム

2018年6月22日8時0分  スポーツ報知
  • ハリウッドJURINA(後方左はチェリー宮脇、昨年8月29日・後楽園ホール)

 AKB48グループの第10回選抜総選挙(初の世界選抜)が16日、ナゴヤドームで行われ、“ハリウッドJURINA”ことSKE48の松井珠理奈(21)が自己最高の19万4453票を獲得し初の1位、そして初代世界女王に輝いた。2位はSKE48の須田亜香里(26)。優勝候補のHKT48の宮脇咲良(20)は3位に終わり、総選挙からの引退を表明した。

 SKEの1、2フィニッシュと騒がれたが、プロレスファンなら気付くはず。「豆腐プロレス」メンバーが1、2、3フィニッシュを果たしていることに。2位の須田亜香里は、オクトパス須田。3位の宮脇咲良はチェリー宮脇なのだ。「豆腐プロレス」とは、女子高生だけが参加できる(設定の)美しき格闘のステージWIP(ワールド・アイドル・プロレスリング)をテーマにテレビ朝日系で昨年7月まで放送されていたAKB48グループ出演のドラマ。興行としては、昨年8月29日に東京・後楽園ホールで、今年2月23日に愛知県体育館で「豆腐プロレス The REAL」として開催された。

 今回の総選挙は「豆腐プロレス」以後の初開催だった。昨年までは、AKB総選挙にまったく興味がなかったが、後楽園ホール大会を取材した立場として、今年は気になった。クイウチ松村は何位だろうか…、ボイス山田はランク入りできるのか…など。フジテレビの生中継で、徳光和夫アナウンサー(77)が順位を読み上げるのを聞いて、これは聞いたことがあると引っかかる名前があることがうれしかった。

 年がいもなく、リングネームと照合して抽出してみたので、以下に紹介する。

 ◆第10回AKB世界選抜総選挙(6月16日・ナゴヤドーム)

 ▽1位 松井珠理奈(ハリウッドJURINA)

 ▽2位 須田亜香里(オクトパス須田)

 ▽3位 宮脇咲良(チェリー宮脇)

 ▽6位 横山由依(ロングスピーチ横山)

 ▽13位 向井地美音(ブラックベリー向井地)

 ▽15位 古畑奈和(サックス古畑)

 ▽17位 松村香織(クイウチ松村)

 ▽18位 高柳明音(バード高柳)

 ▽20位 白間美瑠(道頓堀白間)

 ▽22位 岩立沙穂(さっほー岩立)

 ▽28位 荒井優希(バブリー荒井)

 ▽30位 加藤美南(バトンかとみな)

 ▽31位 福岡聖菜(左上せいちゃん)

 ▽33位 谷口めぐ(ヤバクネ谷口)

 ▽36位 加藤玲奈(キューティーレナッチ)

 ▽37位 中井りか(MAX中井)

 ▽41位 川本紗矢(モーモー川本)

 ▽52位 込山榛香(シャーク込山)

 ▽60位 小田えりな(ディーヴァおだえり)

 ▽62位 太田奈緒(エブリバディ奈緒)

 ▽91位 山田野絵(ボイス山田)

 ▽97位 馬嘉伶(オッタマゲ・マ)

 ▽100位 大家志津香(ミラクルしづか)

 これ以外の「豆腐プロレス」メンバーは、10人が圏外で、5人が卒業していた。イケメン百花(木下百花)、ユンボ島田(島田晴香)が引退(卒業)していたのは残念だった。MAX中井(中井りか)の“文春砲”発言は、「豆腐プロレス」での“小ズルい”キャラとしては、さもありなんか。ドラマ内のトーナメントでは、JURINAから敵前逃亡もしているのだった。

 それにしても、ハリウッドJURINAのトップ当選である。「いかにもプロレス的」と批判されたりもしているが、松井珠理奈は昨年3月にテレビ朝日系で放送された「史上初!現役・OBレスラー200人&ファン1万人が選ぶプロレス総選挙」に出演し、プロレスファンのハートをつかんでいる。改選となる次回の「プロレス総選挙」は残念ながら、いつになるかも決まっていないという。

 ハリウッドJURINAの快挙で「プロレス総選挙」熱が再燃することを願いつつ、前回の「プロレス総選挙」をおさらいしておくと。

 ◆プロレス総選挙「本当にスゴいプロレスラーBEST20」

 ▽1位 アントニオ猪木

 ▽2位 ジャイアント馬場

 ▽3位 初代タイガーマスク

 ▽4位 オカダ・カズチカ

 ▽5位 力道山

 ▽6位 棚橋弘至

 ▽7位 ジャンボ鶴田

 ▽8位 獣神サンダー・ライガー

 ▽9位 三沢光晴

 ▽10位 スタン・ハンセン

 ▽11位 長州力

 ▽12位 武藤敬司

 ▽13位 小橋建太

 ▽14位 天龍源一郎

 ▽15位 ケニー・オメガ

 ▽16位 橋本真也

 ▽17位 蝶野正洋

 ▽18位 ハルク・ホーガン

 ▽19位 真壁刀義

 ▽20位 アンドレ・ザ・ジャイアント

 当時は「ジャンボ鶴田が“神7”入り」とAKB風に書いたことで批判のコメントを受けたが、今や棚橋、ライガー、真壁ら新日本プロレスの面々が、松井珠理奈の総選挙に激励ツイートをしている時流だ。相乗りした企画はあってもいいと思う。それほど順位に変動はないかもしれないが、内藤哲也と藤波辰爾の名誉回復は早い方がいい。(酒井 隆之)

コラム
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)