【箱根駅伝】関東学生連合21位相当…欠場の東大・近藤に全員で結果報告

2018年1月4日7時0分  スポーツ報知
  • 10区、関東学生連合の日大・阿部涼

 ◆報知新聞社後援 第94回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109.6キロ)

 関東学生連合は、10区の阿部が区間6位相当の快走を見せた。鶴見中継所から繰り上げで7人の集団でスタート。風をうまく避けて力をため、ラストスパートに懸けた。しかし、「ラスト5キロで出て3人になったけど、残り1キロで(国学院大に)出られて抜かせなかった」と悔しそう。

 同じ福島・学法石川高出身者は最多タイの6人が走った。中でも同級生の相沢晃(東洋大)が2区3位と活躍。「自分も負けられない」と奮起につなげた。ゴール後はメンバー全員で、インフルエンザのため欠場した近藤秀一(東大3年)にビデオ電話で結果を報告。仲良さそうに話す姿は、一つのチームとしての絆を感じさせた。

箱根駅伝
その他
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ