鈴木康大、カヌー五輪ライバルに薬物混入 親友被害者に相談され自白

2018年1月10日6時0分  スポーツ報知
  • 取材に応じた日本カヌー連盟の春園常務理事(左)

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、昨年9月に石川・小松市で開催されたカヌー・スプリント日本選手権で、鈴木康大(やすひろ、32)=福島県協会=が小松正治(25)=愛媛県協会=のドリンクに禁止薬物を混入し、小松がドーピング違反で資格停止となっていた事実を公表した。JADAは鈴木を8年間の資格停止とし小松の処分を解除した。日本で他者の薬物混入による違反が起きたのは初めてで、日本カヌー連盟は鈴木を最も重い除名処分にする方針だ。

 トップアスリートがライバルに薬物を飲ませる卑劣な行為が発覚した。鈴木と小松は、ともに昨夏の世界選手権(チェコ)にも出場したチームメート。都内で会見した日本カヌー連盟の成田昌憲(しょうけん)会長は「謝っても謝りきれない。がく然とした。完全に裏切られた」と沈痛な面持ちで話した。鈴木はJADAから8年間の資格停止を受けたが、連盟は最も重い処分の「除名」とする方向。3月にも理事会に提案し、事実上の追放となる見通しだ。

 鈴木は昨年9月11日の日本選手権の競技前、小松が離れた隙にドリンクボトルへ禁止薬物の筋肉増強剤メタンジエノンを混入。遠征でも一緒だったためボトルを見分けることができた。小松はカヤックシングル200メートルで優勝し、鈴木は5位だったが、試合後に小松の尿から禁止成分が検出された。本人が薬物使用を否定したため、JADAは10月20日に暫定的に資格停止処分としながらも水面下で調査を続けていた。

 鈴木は小松と非常に仲が良く、ドーピング発覚後、小松が最初に相談したのも鈴木だった。処分から1か月後の11月20日、都内で連盟幹部に「私が弱い人間だった。無実の小松をこのままにしておけない。償いたい」と話して“犯行”が発覚した。昨年8月のハンガリー遠征中、インターネットでメタンジエノン50錠を購入。日本選手権前に千葉の実家から宿舎に郵送し、試合前日に1錠を砕いて準備するなど計画的犯行だった。

 鈴木は小松も含めた複数の代表選手に対し、練習器具やパドル盗難などの妨害行為を行ったとも証言。10年の広州アジア大会の頃から妨害行為を働いており、石川県警は禁止薬物混入のほか、道具盗難の被害届を小松から受理し、捜査に着手した。被害に遭った他の3選手とは今年に入って示談が成立した。

 鈴木はカヌー・スプリントの第一人者だったが五輪出場経験はなく、リオ五輪後に一度は引退。東京でのカヤックフォア(4人乗り)代表入りを目指して、昨年競技に復帰した。日本選手権で上位を逃し、五輪切符が徐々に危うくなっていたことも動機とみられる。古谷利彦専務理事は「若手の台頭があり、記録会などで勝つことが出来なくなったのも理由では」と話した。

 小松は処分が解除され、近日中に石川で強化合宿中の代表に合流予定。スポーツ庁の鈴木大地長官は「大変遺憾。人を陥れるようなタチの悪いケース」と指摘した。リオ五輪で羽根田卓也がスラロームで銅メダルを獲得するなど上げ潮ムードだったカヌー界に、1人のエゴが泥を塗った。

 ◆メタンジエノン 冷戦期に米国がソ連に対抗して開発したステロイド剤「ダイアナボル」の主成分として知られる。摂取することで体内テストステロン(男性ホルモン)濃度が高まり、短期間で筋肉が作られやすい状態になる。日本では、15年9月に非五輪競技のパワーリフティングの選手がメタンジエノンによるドーピング違反を犯し、JADAから4年間の資格停止処分を受けている。

 ◆鈴木 康大(すずき・やすひろ)1985年10月6日、千葉県生まれ。32歳。立命館大卒業後の08年から滋賀レイクスターズ入りし、10年広州アジア大会スプリントカヤックシングル1000メートル銅メダル。16年リオ五輪代表を逃し現役引退したが、東京五輪を目指して復帰した。妻・綾香さんは08年北京五輪スプリントカヤックフォア500メートルで日本勢同種目初となる6位入賞。

 ◆小松 正治(こまつ・せいじ)1992年1月29日、宮城・加美町生まれ。25歳。中新田高1年時にジュニア日本代表入り。高校卒業後は進学せずに競技に専念し、14年仁川アジア大会男子スプリントカヤックシングル200メートル銅メダル。同種目では15年スプリント世界選手権(イタリア)準決勝敗退。日本人の父、フィリピン人の母を持つ。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)