相撲協会、セクハラ行為の伊之助処分へ13日臨時理事会

2018年1月11日7時30分  スポーツ報知

 日本相撲協会は10日、昨年12月の冬巡業中に泥酔して10代の若手行司にセクハラ行為をした現役最高位の行司である立行司、式守伊之助(58)=宮城野部屋=の懲戒処分を協議する臨時理事会を、13日に東京都墨田区の両国国技館で開催すると発表した。協会幹部によると、伊之助は以前から飲酒によるトラブルがあり、降格や出場停止を含めた重い処分を検討する。

 協会によると、伊之助は昨年12月16日に沖縄県宜野湾市での冬巡業後に泥酔。宿泊先で若手にキスを数回するなど精神的苦痛を与えた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)