レスリングの樋口、文田が日体大卒業式に出席 ジャンプ高梨沙羅はW杯で欠席

2018年3月10日17時50分  スポーツ報知
  • 日体大の卒業式を終え、笑顔でポーズをとるレスリングの樋口黎(左)と文田健一郎

 日体大の卒業式が10日、東京・世田谷キャンパスで行われ、レスリング男子でリオ五輪フリースタイル57キロ級銀メダルの樋口黎(22)と17年世界選手権グレコローマン59キロ級金メダルの文田健一郎(22)が出席した。平昌五輪スキージャンプ女子銅メダルの高梨沙羅(21)はW杯出場のため、欠席した。

 樋口と文田は入学当初から同じ年のライバルとして競い合ってきた。樋口が「(リオ五輪で)銀メダルを取って(文田より)1歩リードしたと思ったけど、文田の方が先に世界チャンピオンになった。また追い越せるようにしたい」と言えば、文田は「やっぱり五輪でのメダルは特別。同じ日体大マットで練習していくので頑張りたい」と話した。

 4月から社会人になり、挑戦したいことを問われると、マカロンが大好きな樋口は「1年前以上にマカロンを手作りして、見たことないようなマカロンになってしまった(笑い)。最高のマカロンを作りたい」と目標を掲げた。文田は「自炊をする」と語った。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)