31年ぶり快挙!川内優輝がボストン・マラソン優勝…瀬古利彦以来

2018年4月17日7時0分  スポーツ報知
  • ボストン・マラソンで優勝した川内優輝(ロイター)

 報知新聞社主催の青梅マラソンと姉妹提携の第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子で川内優輝(31)=埼玉県庁=が、速報記録で2時間15分58秒をマークして初優勝した。日本勢では1987年大会覇者の瀬古利彦以来31年ぶりの快挙となった。

 レースは大雨と強風という悪条件の中で争われ、川内は40キロ過ぎでトップを走っていた昨年優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)をかわした。

 ボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、公認記録とはならない。

 川内優輝「ただ前だけを見て、ひたすら前だけを見て自分のベストの走りをしたら勝てました。(強風で大雨だったが)私にとっては最高のコンディションでした」

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)