朝比奈沙羅、準決勝で素根輝に反則負け「まだ強くなれるということ」

2018年4月22日17時44分  スポーツ報知
  • 21日に健闘を誓い合った朝比奈沙羅(左)と素根輝

 柔道の世界選手権78キロ超級代表選考を兼ねた全日本女子選手権が22日、横浜文化体育館で行われた。2連覇を目指した朝比奈沙羅(21)=パーク24=は、準決勝で初出場の素根輝(あきら、17)=福岡・南筑高=にゴールデンスコア方式の延長で反則負け。「勝負に負けたというよりは自分に負けた。組手の課題が浮き彫りになった」と淡々と振り返った。

 21日の前日会見では「出た芽は摘んでいく」と17歳の才能を認めるからこそ強気に意気込んでいたが、17年世界選手権銀メダルなど78キロ超級の第一人者としての意地を見せられなかった。「負けたということはまだ強くなれるということ。負け試合をどう勝ち試合につなげられるか考えてやっていきたい」と前を向いた。

 素根には8日の全日本選抜体重別選手権決勝で初黒星を喫した。自身は体重無差別で争う今大会に15歳で初出場して3位。昨年の初優勝まで6年を要したが、連覇はならなかった。大会終了後の強化委員会で78キロ超級代表が決定する。

その他
注目トピック