小川Jr.準決敗退も代表ゲット

2018年4月30日6時0分  スポーツ報知
  • 準決勝で王子谷(右)に敗れた小川

 ◆柔道 全日本選手権(29日・日本武道館)

 史上初の親子2代制覇はお預けとなった。

 雄勢は16年5位、17年3回戦敗退から自己最高の4強入りしたが「満足できない。優勝じゃないと意味がない」と悔しがった。父・直也氏も「全日本の特有の落とし穴にハマったね。ただ優勝する力が十分あることは分かった。めでたい話は持ち越しってことで」となぐさめた。

 初制覇した8日の全日本選抜体重別選手権準決勝を含め、過去3戦全勝だった王子谷に準決勝で敗れた。「技をかけようと、ちゅうちょしたところをやられた」。開始早々に左足を出足払いではじかれて技ありを奪われた。猛追して指導2つを奪い返すも時間切れとなり「こじ開けられなかった」と唇をかんだ。

 昨秋から講道館杯、グランドスラム東京、全日本選抜体重別選手権と3連勝の実績が認められ初の世界切符を獲得。「自分の力を最大限に発揮して、いい結果を残したい」。全日本では史上2位の優勝7度、92年バルセロナ五輪銀メダルの父が信条にする“いつ何時”の精神で、世界に初挑戦する。

その他
注目トピック
報知ブログ(最新更新分)一覧へ