桐生祥秀、今季100M初レースは10秒26

2018年5月12日22時1分  スポーツ報知
  • 男子100メートルで優勝したリース・プレスコッド(ロイター)

 陸上男子100メートル日本記録保持者の桐生祥秀(22)=日本生命=が12日、今季100メートル初戦となるダイヤモンドリーグ・上海大会に出場。10秒26で最下位の9着だった。1着はリース・プレスコッド(英国)で10秒04だった。

 昨年9月に日本学生対校選手権(福井)で日本初の9秒台となる9秒98をマークして以来のレース。桐生は「久しぶりなので、ワクワクしている。今、何秒で走れるかも分からない。自分の走りをしたい」と日本出発時に話していた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)