阿部詩、世界大会専念を宣言「自分の戦う舞台はもう高校生のところではない」

2018年5月23日7時0分  スポーツ報知
  • グランプリ・フフホト大会に出発した新井千鶴(左)、阿部詩

 柔道世界選手権(9月、バクー)の女子52キロ級代表・阿部詩(17)=夙川学院高=が22日、高校の大会を“卒業”する考えを明かした。代表決定後初戦となるグランプリ(GP)フフホト大会(25~27日、中国)に向けて羽田空港を出発。世界選手権までに金鷲旗大会や全国総体が控えるが、高校の松本純一郎監督とも話し合い「出ない」と明言した。

 これまで高校の大会への出場には強いこだわりを持っていた。故障のリスクや日程の負担が心配される中でも志願してきたほどだったが「自分の戦う舞台はもう高校生のところではないなと。きっぱり、そこは分けてやっていかないと、世界一にはなれないと思っているので」と胸中を語った。

 初の世界選手権に向け、GPフフホト大会では課題の寝技なども試していく。「違うこともやっていかないと成長はない。今回は考えながら試合に挑みたい」。覚悟の決断を20年東京五輪につなげる。(林 直史)

その他
注目トピック