BMX・大池水杜、「東京五輪では、金メダルを狙う」

2018年6月19日6時0分  スポーツ報知
  • 表敬訪問を行った大池と萬屋副市長

 2020年東京五輪で新採用される自転車BMXフリースタイル・パークのW杯第2戦(5月11日、フランス・モンペリエ)で、男女通じて日本人初優勝を飾った大池水杜(みなと、21)=JFBF=が18日、出身地の島田市役所を表敬訪問し、優勝報告を行った。

 萬屋正・副市長(58)に「島田から世界で活躍する選手が出て、大変うれしく思います。おめでとうございます」とお祝いされた大池は「優勝が決まった瞬間は信じられない感じでした。自国開催の東京五輪では、金メダルを狙いたいです」と応じた。大池は7月12日からカナダ・エドモントンで行われるW杯第3戦に出場し、W杯連勝を狙う。

 ◆大池 水杜(おおいけ・みなと)1996年12月2日、島田市生まれ、21歳。幼少期からモトクロスやバイクトライアルに取り組み、六合中2年の時、BMXフリースタイル・パークに転向。島田工卒。現在は神奈川県座間市に在住し、駒沢オリンピック公園を中心に練習を行っている。得意技は、ジャンプしながら両手をハンドルから離す「ノーハンド」。家族は両親と兄。

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)