桐生祥秀、ライバル中国・謝に記録抜かれ闘争心に火「優勝取りたい」

2018年6月22日5時59分  スポーツ報知
  • 陸上の日本選手権へ意気込んだ桐生祥秀

 ジャカルタ・アジア大会(8月)代表最終選考を兼ねた陸上日本選手権(22~24日、山口市)の有力選手が21日、同市内で会見。男子100メートル日本記録保持者の桐生祥秀(22)=日本生命=は「優勝をしっかり取りたい」と14年以来4年ぶりの頂点へ照準を定めた。

 19日にライバル・中国の謝震業(24)が9秒97(追い風0・9メートル)の同国新記録を樹立。桐生を0秒01上回り、9秒91のオグノデ(カタール)に次ぐアジア歴代2位に躍り出た。桐生は「焦らず自分のことをやりたい」と冷静に言葉を並べたが、土江寛裕コーチ(44)は「謝が9秒97で、(気持ちに)火がついている。少なくとも(10秒)0台を出せる状態には間違いなくある」と、秘めた闘争心を感じている。

 200メートル予選、100メートル決勝の2本がある23日がカギ。負担が大きそうにも思えるが、桐生は「200をきちんと走れることで、100も力が抜けて最後まで走れる」と強調する。同日に、この2本を走る流れは100メートル9秒台を出した17年の日本学生対校と同じ。日本新再現なら、日本一も近づく。(細野 友司)

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)