野口啓代、東京五輪と同じ3種目でV「この結果は自信になった」

2018年6月25日6時8分  スポーツ報知

 ◆スポーツクライミング 複合ジャパンカップ(24日、盛岡市・岩手県営運動公園ほか)

 男子決勝はエースの楢崎智亜(ともあ、22)が4点で優勝。東京五輪と同じスピード、ボルダリング、リードの3種目で競う国内初の複合大会で、初代王者に輝いた。弟・明智(めいち、19)が6点で2位。兄弟そろっての2020年東京五輪代表入りを目指す。女子決勝は野口啓代(29)が6点で優勝。予選1位の地元・盛岡の伊藤ふたば(16)=いずれもTEAM au=は9ポイントで2位だった。

 何度も落ちそうになりながら、勝ちたい気持ちが野口を支えた。2位で迎えた最終種目のリード中に、疲労が一気に体を襲った。乳酸がたまった手足を懸命に動かしながら、完登目前までたどりつき逆転優勝。「3種目への不安が大きかったので、正直ビックリしている。この結果は自信になった」。ボルダリング女王が複合でも貫禄を見せ、初代女王に輝いた。

 自身初の複合大会は、想像以上にきつかった。競技間は約45分。体をまともに休める時間もない。「こんなに疲れるとは思っていなかった」。予選が行われた23日は午後2時に競技を終えると、ホテルに戻り3時間仮眠をとった。いつもは男子の競技を見届けるが、「応援よりもリカバリーに徹した」。起きるとストレッチやケアで体の左右のバランスを整えた。そして、また寝た。10時間近い睡眠で、心身を回復させた。

 苦手とするスピードは12秒06で3位に終わり、「9秒台に近いタイムを持っていないと自信を持って出られない」。スピードの練習は、まだ月に1回程度。伸びしろは十分だ。「一つ一つ大きな大会で自信を積み重ねていかないと成長はない」。今夏のアジア大会(インドネシア)、9月の世界選手権(オーストリア)で、世界での立ち位置をはかる。

 ◆東京五輪のスポーツクライミング 今大会同様スピード、ボルダリング、リードの順で3種目行い、3種目の順位をかけ算し、値が小さい選手が上位となる。男女各20人で予選を争い、上位6人が決勝に進む。国・地域別の出場枠は最大2。日本の代表選考方法は決まっていない。

 ◆野口 啓代(のぐち・あきよ)1989年5月30日、茨城・龍ケ崎市生まれ。29歳。東洋大中退。11歳の時にグアム島でフリークライミングを体験し、魅力を知る。2002年に小学6年生で全日本ユース選手権制覇。08年ボルダリングW杯モンタウバン大会(フランス)で日本女子初優勝。ボルダリングW杯の年間優勝は4回(09、10、14、15年)。趣味はショッピング、猫と遊ぶこと。勝負ネイルは赤。165センチ。49キロ。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)