山県亮太、バスケ代表の強制送還「大変残念だなという思いはあります」…アジア大会に出発

2018年8月21日9時24分  スポーツ報知
  • アジア大会への出発前に取材に応じる山県亮太

 ジャカルタ・アジア大会陸上短距離代表の山県亮太(26)=セイコー=が21日、向けて成田空港を出発前に取材に応じた。日本選手団の主将として、大会中にバスケットボール男子代表4選手が買春で強制送還された問題についても言及。「僕も報道で知ったんですけど、大変残念だなという思いはあります」と厳しい表情で語った。

 自身は日本代表として出場する責任について「本人が意識するしないに関わらず、それなりの期待や責任を背負う。僕はそういう責任感がプレーの質を上げると思っている」と捉えているという。今大会でも主将として「自分ができることとしては率先して規律を守ってやっていくこと。しっかり行動で周りの選手にも示すものがあればいいなと思います」と誓った。

 大会に向けての調整や準備は順調だ。「非常に練習の量も質も積めているので楽しみ。ジャカルタは蚊が多いと聞くので、虫よけスプレーも買いました」。100メートルでは「もちろん金メダル、9秒台というものを目指して」、400メートルリレーでは「アジア記録保持者としてしっかり金メダルを目指して、東京五輪につながるレースにしたい」と意気込んだ。

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)