植草歩「面白い試合で勝って」空手プレミアL最終戦Vで年間女王へ

2018年10月11日6時10分  スポーツ報知
  • プレミアリーグ東京大会へ意気込んだ空手女子の植草歩(後列右端)ら有力選手

 空手のプレミアリーグ・東京大会(12~14日、東京武道館)に出場する有力選手が10日、都内で会見。女子組手68キロ超級で16年世界選手権女王の植草歩(26)=JAL=は「ただ勝つのではなく、面白い試合で勝って感動を伝えたい。土壇場で勝負を仕掛けられる部分を見てほしい」と目を輝かせた。

 今大会は年間7試合で争う最高峰のプレミアリーグ最終戦。植草は今季のポイント争いで首位に立っており、優勝すれば自力で2年連続となる年間女王が決まる。

 「世界選手権にもつながるようにしたい」と、2連覇がかかる18年世界選手権(11月、スペイン)へも弾みをつけるつもりだ。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)