張本智和、平野美宇 ともに中国選手に屈し銀メダル

2018年10月11日13時12分  スポーツ報知
  • 銀メダルの張本智和

 夏季ユース五輪 第5日(10日、ブエノスアイレス)

 卓球の男女シングルス決勝が行われ、男子世界ランク8位の張本智和(15)=エリートアカデミー=は同ランク105位の王楚欽(中国)に敗れ銀メダルに終わった。女子世界ランク9位の平野美宇(18)=日本生命=も同37位の孫穎莎(中国)に敗れ銀となった。同種目での最高成績は、2010年シンガポール大会で丹羽孝希(当時・青森山田高)が男子シングルスと谷岡あゆかとペアを組んだ混合ダブルスで獲得した金メダル。

 2020年東京五輪でも実施されるスポーツクライミングの男子複合では、土肥圭太(17)=神奈川・平塚中教校=が金メダル、田中修太(18)=新潟・直江津中教校=が銀メダルをそれぞれ獲得した。競泳男子200メートル平泳ぎは花車優(18)=東洋大=が2分11秒63で金メダルに輝いた。

その他
注目トピック