吉田沙保里、投げても霊長類最強!? パラスポーツ「ボッチャ」をPR

2018年10月12日19時35分  スポーツ報知
  • 吉田沙保里

 レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里(36)が12日、都内でパラスポーツのPRイベントに出席。ボールを投げてどれだけ標的に近づけられるかを競う「ボッチャ」で、パラ陸上の山本篤(36)、パラカヌーの瀬立モニカ(20)らと対決した。

 本職のレスリングとはかけ離れたスポーツのはずが、吉田は1投目から標的の白球に自身の投げた球を密着させるミラクル投球を披露。「200万点ですね! 絶対負けない気持ちで臨んだ」と笑顔。対戦相手の山本も「いきなりあそこに来るか…」と、霊長類最強の潜在力に脱帽していた。

 吉田は現在、20年東京五輪に向けた女子代表のコーチを兼任し、後進の指導にも力を尽くしている。残り2年を切った五輪に向け「東京でやりますから、生でより多くの方に応援して頂きたい。パラリンピックも一緒に盛り上げていけたらと思う」と話していた。

その他
今日のスポーツ報知(東京版)