伊調馨 復帰初戦は38秒圧勝 準決勝はフォール勝ちで決勝へ

2018年10月14日9時59分  スポーツ報知
  • 準決勝、沢葉菜子に勝利し決勝へ駒を進めた伊調馨(左)
  • 1回戦、島中斐子に38秒でテクニカルフォール勝ちした伊調馨(右)
  • アップをする伊調馨

  ◆レスリング 全日本女子オープン選手権 14日(静岡県三島市民体育館)

 五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=が女子57キロ級で、16年リオデジャネイロ五輪以来約2年2か月ぶりに実戦に復帰した。1回戦は島中斐子(同志社大)と対戦し、10―0。38秒テクニカルフォール勝ち。

 開始10秒で片足タックルからテークダウンを奪い先制。その後はローリングを重ね、圧勝した。

 準決勝は沢葉菜子(至学館大)に、残り1分24秒、えび固めでフォール勝ち。

その他
注目トピック