成田緑夢、東京パラリンピックは走り高跳びで…ツイッターで表明

2018年11月6日6時10分  スポーツ報知
  • 成田緑夢

 平昌パラリンピックのスノーボード男子バンクドスラローム下肢障害で金メダルを獲得した成田緑夢、(ぐりむ、24)=近畿医療専門学校=が5日までに、20年東京パラリンピックに陸上の走り高跳びで挑戦すると自身のツイッターで表明した。

 平昌大会後にスノーボードからの引退を宣言。東京大会にどの競技で挑むか試行錯誤していた。夏冬の五輪、パラリンピックへの出場を目標に掲げており「次の目の前の一歩は夏のパラリンピック出場」としている。

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)