池江璃花子、W杯開幕にも「全然緊張していない」

2018年11月8日15時22分  スポーツ報知
  • W杯開幕を前に取材に応じた池江璃花子

 競泳のW杯東京大会(9日~、辰巳国際水泳場)に出場する池江璃花子(18)=ルネサンス=が8日、開幕を翌日に控えて取材に応じた。

 短水路で争われる今大会は強化の一環でもあり「全く調整していないので、おとといもウェートをやったり、体的には追い込んでいる」という中でのレース。「自己ベストとは言わずに、自分の記録に近づければいい」と、現実的な目標を立てた。

 東京五輪の最大のライバルとなるサラ・ショーストロム(スウェーデン)とは50、100メートルバタフライと100メートル個人メドレーの3種目で相まみえる予定。「全然緊張していない。今からW杯が始まるという気持ちが全然なくて、ある意味いいことなのかな」と、自信と余裕を持って対決を迎える。

その他
注目トピック
今日のスポーツ報知(東京版)