新谷仁美、区間新で東京大逆転V「もう一度羽ばたけるように頑張りたい」…東日本女子駅伝

2018年11月12日6時10分  スポーツ報知
  • 大逆転で優勝のゴールテープを切った東京・新谷(カメラ・遠藤 洋之)

 ◆東日本女子駅伝(11日、福島市信夫ケ丘競技場発着=9区間)

 東日本女子駅伝は11日、福島市信夫ケ丘競技場発着の9区間42・195キロで18チームが参加して行われ、東京(久保、卜部、増渕、広尾、元広、保坂、会田、塩入、新谷)が2時間18分44秒で10年ぶり9度目の優勝を飾った。トップから1分35秒差の5位でタスキを受けたアンカー(10キロ)の新谷仁美(30)=NIKE TOKYO TC=が31分8秒の区間新記録で大逆転。一時は陸上を離れていた12年ロンドン五輪代表が完全復活を証明した。

 東京の新谷は、最初の1キロを2分50秒台で入り、一気に前との差を詰めた。8キロ過ぎに首位・長野の玉城かんな(22)=名城大4年=をとらえると、並ぶ間もなく突き放してゴールした。14年1月に一度、引退し、20年東京五輪を目指して今年から復帰。「私は一度羽ばたき終わった人間なんですが、もう一度羽ばたけるように頑張りたい」。更なる飛躍を誓った。

その他
注目トピック