山県亮太「ふくらはぎがすごかった」錦織圭とフロリダ合宿で対面

2018年12月16日17時34分  スポーツ報知
  • フロリダ合宿から成田空港に帰国した陸上男子短距離の山県亮太

 陸上の16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの山県亮太(セイコー)が16日、米フロリダ州のIMGアカデミーでの合宿を終えて成田空港に帰国。当地で、男子プロテニスで世界ランク9位の錦織圭(日清食品)と食事をともにしたことを明かした。

 これまではリオ五輪の選手村で見かけた程度で、じっくりと話すのは今回が初めて。「陸上ってオフはいつなの?」(錦織)「今です」(山県)など、ざっくばらんに会話を楽しんだ。「(人当たりが)柔らかい人だな、と思った。プロの選手ってこういう感じなんだ、というのが分かったし、オンとオフの切り替えが大事だと思った。ふくらはぎがすごくて、思ったよりもしっかりしていた」と様々な刺激を受けた様子だった。

 山県は18年ジャカルタ・アジア大会で自己記録にならぶ10秒00をマークし、銅メダルを獲得。来季は桐生祥秀(日本生命)が持つ日本記録(9秒98)の更新を狙う。年末年始は実家のある広島でリフレッシュ。2月に再びIMGアカデミーを訪れ、1か月ほどの長期合宿を行ってシーズンへ最終調整する考えだ。

その他
注目トピック